オフィシャルブログ vol.138
クラウドソーシング・プロデューサーの役割

前回のブログで「クラウドソーシング・プロデューサー」に任命されたことは述べましたが、今回は「クラウドソーシング・プロデューサー」って具体的に何をする人なのかを書きたいと思います。

まず、この「クラウドソーシング・プロデューサー」という制度ができた背景は、中小企業庁/全国中小企業団体中央会が実施する「平成26年度地域中小企業の人材確保・定着支援事業」(地域中小企業におけるクラウドソーシング活用推進事業)の一部事業であり、全国の中小企業の人材確保が困難となっている状況を受け、個人のスキルと空き時間をオンライン上でシェアするクラウドソーシングを活用し、迅速かつ低コストの業務発注や外部の知恵を活用して、労働力不足に悩む中小企業の人材確保や事業の付加価値向上を図ることを目的としています。

しかし、クラウドソーシングを活用して外部に仕事を依頼するためには、クラウドソーシングの仕組みを理解し、自社の業務や発注内容を適切に分解して、成果物を明確に定義する必要があり、ネットやITに関するスキルのほか、クラウドソーシング上での発注に関する一定スキルが求められます。この課題を軽減するため「クラウドソーシング・プロデューサー」は、全国の中小企業に対して、『クラウドソーシング活用メリットの広報』、『クラウドソーシング活用の支援』、『クラウドソーシング活用の情報交換・活動報告』の役割を担っています。

と長々と書きましたが、要するにプロデューサーは、中小企業に対してクラウドソーシングを「もっと手軽に、且つ、継続的に支援を」行う役割を担っていることになります。

このクラウドソーシングには、厚生労働省も第三の矢として注目しており、今や世界中のマーケットで広がりつつあります。米国に至ってはオバマ大統領がクラウドソーシングについて言及するほど注目されています。ただ、先ほども申し上げましたが、関連する業務発注に、ある程度のスキルが必要という点で、中小企業がクラウドソーシングを活用する障害となっており、その支援体制が課題となっていました。

当社が行う業務としては、中小企業向けのクラウドソーシング活用セミナーの実施、ブログやウェブサイトを利用した情報発信などを考えています。また、中小企業からの問い合わせに対して、個別相談にも対応していく予定です。それでは、次回のブログでクラウドソーシングの活用術を書きたいとおもいます。

 

一般社団法人 クラウドソーシング協会  https://crowdsourcing.jp/

クラウドソーシング・プロデューサーとは(外部サイト)

***********************************************************************
『オフィシャルブログ きまぐれ更新』は、弊社サービスご利用のお客様に、ホームページ活用、不動産管理に役立つ情報をお知らせするブログです。本ブログ掲載内容の著作権は(株)アヴィストに属します。転載等される場合は、編集・発行元までご一報下さい。
***********************************************************************
前ページ   記事一覧   次ページ